美白を助ける食材~リコピン・アスタキサンチン・フェルラ酸を摂る!~

体の内側から美白力をアップしよう!

美白を目指すものとして、さらに、愛しい旦那サマに食事を作る奥さまとして、体を健やかに保つ食生活を心掛けるのは当然!

が、仕事しながら食事の準備をしなくてはならない現代女性にとって、栄養バランスを考えつつ、味も美味しく規則正しく・・・なんて

「やってられっかーーーー!」((o(>皿<)o))

な課題なんです。。ハイ。

 

そこで、チャッチャー☆と手早く効率的にバランスの良い栄養を取れる手段はないものか・・・。

素人ながら、頑張って勉強してまとめてみました。

バリバリ奥さまにも、うかうか奥様にも、独身ライフ満喫女子にも、全ての方にとって美白は難題。

自分にかけられる時間は少ないけれど、体の内側からも美白を目指しましょう!

 

 

食事でのアプローチ法として、活性酸素を撃退する栄養素を調べてみました!

活性酸素さえ働けないようにしておけば、メラニンが作りだしにくくなりますからね!結果、シミが出来にくい!

 

 

リコピン

高い抗酸化作用を持つ赤色カロテノイドの一種。

一日の摂取目標は15mg

油に溶けやすく、水には溶けない。

食材:トマト、スイカ、ニンジン、グミ、パパイヤ、柿・・

(15mg→生トマト2個)

完熟トマトのほうが、リコピンは多いし、ジュースやケチャップに加工するようのものがさらに多いとのこと。

ジュース飲んだり、トマトの缶詰使ったり、ケチャップ使ったりでかなり採れそうです☆

 

 

アスタキサンチン

こちらも高い抗酸化作用がある赤色カロテノイドの一種。

ていうか、『史上最強のカロテノイド』とまで言われるほど抗酸化力が強いそうです。

一日の摂取目標は6mg

食材:カニやエビの甲羅、イクラ、鮭

(6mg→鮭2~3切れ、イクラ200g)

これはかなり普段から摂取しにくい食材が・・・・。

てか甲羅は食べられないよね。。さすが、史上最強。

 

フェルラ酸

植物の細胞壁を構成するフェノール酸(ポリフェノール)の一種。

抗酸化作用に加えて、紫外線吸収作用、大腸がん予防効果まで!

食材:米ぬか、小麦胚芽・ふすま、珈琲、りんごなど。

※一日の摂取目標は出てきませんでした★白ごはん一杯に6mgまでは突き止めたぜっ。

米ぬか込みの米ってことで、玄米を食べることでかなり摂取できそうです。。

あれも好みが分かれるんだよなぁ・・・^^;

あと、小麦のふすまね。

この米と小麦の皮に含まれているフェルラ酸は他のものよりも体内に吸収しやすいので、カナリおすすめです。

 

 

ただ、調べ行くと、小麦胚芽って、L-システインまで含んでるんだって!!!コーフン!

一日50gでL-システイン摂取目標を採れてしまうそうです!

小麦胚芽最強じゃね?

いや、ふすまと胚両方の全粒粉でいっとくのがベターかもなぁ。

 

 

 

というわけで、次回もひきつづき、美白に近づく食材をご紹介!

そんで、最後にまとめでレシピを考え・・・られたらいいね^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました