女子の敵!シミの原因四天王はこいつらだ!

美白ケア超入門!

美白を語る上で、外せないのはシミですよね。

いっくらもちもちぷるぷるのお肌でも、隠しきれないシミがそこにあるだけでイメージとしては“老けた顔”です。

(実際に私はもちもちのお肌ですが、シミだらけなので鏡を見るのがツライです!)

 

まぁね、シミが無くて白いお肌でもガッサガサだったらそれもダメだけどもね。

そういう状態は『美白』とは言わないと前回定義しました。(個人的に)

それは『白い人』だ。

 

 

さて、出来てしまったシミへの対策を考えるなら、それがナゼ出来たのかを把握しておくことが重要。

シミにもいくつかの種類、そしてその原因があるんです。

間違ったケアをしていては、シミへの対策にならないばかりか、余計なトラブルの元にもなりかねません!

 

・紫外線

言わずと知れたシミの原因ですね。もう言わなくてもいいくらいですね。

子供のころから紫外線にさらされて蓄積されたダメージが30代から顕著になってくるというね・・・。

まさに私が悩まされているのがコレ・・・。

早めの段階であれば、自分でケアできるけど、放置して頑固なシミになっちゃうと皮膚科医さんのお世話になることにも・・・。

 

特徴:お肌の凹凸を伴わず、茶色の薄い状態から段々濃くなっていきます。

ケア:美白剤でシミを薄くしていこう!でもまずは紫外線に当たらないことが重要☆

 

紫外線を一度に大量に浴びることによってできる一時的なシミもあります。

特徴:星型や花びらの様な形で、細かいもの。

ケア:ビタミンCをたくさん摂って、できるだけ患部を冷やす。

 

・ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが正常に行われず、メラニンを含む古い角質がお肌から排出されない為に出てくる。

加齢によりターンオーバーは遅くなるけれども、他にも理由は様々あります。

詳しくは『ターンオーバーとは?』で書きます。

 

特徴:お肌のザラツキを伴う、くすみ。

ケア:洗顔の時に、ピーリング効果のあるアイテムを取りこむ。『ターンオーバーを促す食材』を食べる。

 

・ホルモンの乱れ

最近よく耳にする『肝斑(かんぱん)』というやつですね。

30代以降の女性に多く、妊娠中やピルを服用している場合が多いそうです。

女性ホルモンの一つでもある黄体ホルモン(プロゲステロン)が、メラニンの発生を活発にしちゃうの。。

 

特徴:頬から額など、顔上部に左右対称にできるボヤっとした薄い色のシミ。

ケア:刺激禁物!なので、強いマッサージやレーザー治療は控えましょう。トラネキサム酸という成分がメラニンによって引き起こされる真皮の炎症を抑えてくれるので、市販薬等で摂取しましょう!

 

・摩擦や刺激

顔を拭く,汗をぬぐう時にタオルでごしごし!リンパを流すぞゴリゴリ!なんてことをすると、メラニンが皮膚の奥深い所まで入りこみ、容易に排出できないようになるんです。。

あとはニキビ痕とか、かぶれた後にもシミになったり。。

 

特徴:黒っぽい

ケア:まずは刺激を与えないことが重要!でも、出来てしまったらなるべく刺激を与えないようにする。専門医に相談するのもおすすめします。

 

 

他にも、遺伝によるところが大きいソバカス、40代以降に見られる出っ張りを伴う濃い目のシミ等があります。

ソバカスは紫外線を浴びないように心掛けて、拡大を防止しましょう。

出っ張りシミは良性の腫瘍なので、お医者さんでレーザー治療してもらいましょう☆

 

ざっとこれくらいがポピュラーなシミの原因だと思います。

大抵の人は毎日の紫外線が蓄積されて、ターンオーバーが狂い、メラニンが排出されないという状態からシミに悩むことになっていると思われるので、食事に少ーしだけ気を付けて、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

そして、出来てしまったシミがあるのなら、やっぱり朝晩の化粧水,美容液を美白成分配合のモノに代えるのも有効!

どれか一つ、ではなく、まんべんなくー♪そして、無理なくー♪行いたいですね!

 

食生活を少ーし気を付けるにはコチラ☆

出来てしまったシミに有効な美白成分配合の基礎化粧品はコチラ☆

コメント