Whitening Cream ex ホワイトクリームEX

ビーグレン(b.glen)

キャー! キター!

これを紹介したくてウズウズしてたんですよっ♪

 

Whitening Cream ex!!

(ホワイトクリームEX)

 

これが噂のハイドロキノン配合の攻め攻め美白クリームです!

『出来てしまったシミに、最強の美白成分』なんつー素敵なうたい文句で紹介される、全 女 性 垂 涎 のシロモノでございます。(^¬^)ジュル…

 

 

では、このハイドロキノンがどーいうものなのか、知っていきましょう。

まず代名詞が『肌の漂白剤』だってことを知っていただきたい。

 

漂白剤と言われると、ツイ思い描いてしまうのが、

『窓を開けて換気をして、手袋メガネにマスク着用、皮膚についたらスグに洗い流してください』的なね。

ちょっと怖いイメージ。

でも、それもあながち間違ってはいなさそう。。

 

というのも、このハイドロキノンには副作用の報告があるから。

お肌の一部だけが白くまだらになってしまう白斑や、赤み・かぶれ・ヒリつき等。

ただ、これらの副作用を引き起こすのは、高濃度すぎるハイドロキノンクリームだということ。

2~4%であれば、まず副作用の心配が無く使える濃度だと言われています。

(5%以下の濃度で副作用がでたという報告は日本ではないんだって☆)

 

そして気になるb.glenの配合濃度ですが、なんと1.9%!!

「あ…あれ?高濃度の方が効果が高いし、4%までなら安全じゃないの?」と思われた方!

ふっふっふ・・・

甘いよ、甘い。グラニュー糖に蜂蜜かけてスプーンでじゃりじゃりイク程甘い!

(おぉ、考えただけで背筋がむずがゆくなる。)

 b.glenの製品には国際特許取得の浸透技術、QuSomeが備わっているんです!

※QuSome:ケラー博士が開発した医療分野で活用されるドラッグデリバリーシステムを化粧品に応用。

浸透しにくい美容成分を肌の深層部へ届け、成分の持つ本来の効果を引き出す。

 

そう!ハイドロキノンは皮膚に浸透しにくい成分なので、高濃度にしても皮膚の奥まで入っていかなければ意味が無い。

逆に、浸透しやすい状態にしていれば、濃度にこだわらなくても、効果は得られる!ということ!!

このように、同じ効果が得られるなら、わざわざ刺激の元となるモノを増やさない方が安全だよね☆という事!!

 

 

医学的にもその高い美白作用は認められていて、お医者様が処方するクリームももちろんハイドロキノン。

(その場合、濃度は5~10%と、結構高めのものが出てくるらしい・・・ごくり。)

ただ、保険適用外。ぐぐぐ。

そして、信頼のおける皮膚科医の指導のもとで使わないと、副作用が怖い。これ、ほんとに怖い。

 

だったら、もともと医師であるケラー博士が開発したドクターズコスメb.glenの方が、リーズナブルだし、安心♪

それに、このホワイトクリームEXには、10-YB Lotion for Treatment 保湿ローション で出てきた、シミを作らせない予防型美白成分、シムホワイト377も配合されているんです~ヽ(=´▽`=)ノ

攻めと守り、両方が入ってるんですねっ。

 

シミに悩む女性が行きつくところ、それがハイドロキノン配合の美白化粧品。

(もしくは医療用レーザー。きょ、きょわい・・・。)

安全な濃度で、安心して使えるコスメはホントに少ないです。

よけいなトラブルをお肌に増やさないためにも、b.glenの美白ケアラインがおすすめですっσ(゜-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました