資生堂の敏感肌ブランド<d-program>の乳液を使ってみた。

美白化粧品を実際に使ってみてレビューしています

資生堂の新しいウェブサービス、

ワタシプラス(watashi+)

 

どんなもんかなーと登録したら、全て無料で肌診断して、結果に応じたスキンケアアイテムのサンプルまで貰えました。

 

 

私が貰ったのは、資生堂の敏感肌ブランド、d-programモイストケアプログラムのサンプルです。

前回はその化粧水を使った模様をレビューしたんですが、今回は乳液。

 

正しい使い方はサンプルが入っていたパッケージ内面に書いてありました。

化粧水を同様に、強くこすらない手のひらで顔全体になじませる。

ふむふむ。

 

 

では、使ってみましょう。

これが、サンプル一包に入っていた量です。

 

手のひらに広げて・・

顔全体に優しくなじませる・・・

なじませる・・・

『ぷはーっ』って顔ですね^^;

 

この乳液も、化粧水と同様無臭。

そして、やっぱりトラネキサム酸も配合されています。

 

『敏感肌でも美白を諦めない!』

そんな前向きなスキンケアアイテムですね☆

 

 

使用感は少し柔らかめ。

付け終わってしばらくしても、かなり潤いが持続します。

 

でも、私としては、ちょーーーーっと、油分が気になるかなーーーー?って印象。

ベタベタしているわけではないです。

が、つるっと、テカリが継続していたので・・・。

スグにお化粧するなら、一回ティッシュオフするだろうな・・といった感じ。

 

このシリーズのクリームもあるらしい・・。

ちょっと、そっちも使ってみたくなった夏の午後でした。(文学的表現^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました