オーガニックも気になるよね☆SINNピュアクレンジング

美白ケア超入門!

最近、年のせいなのかやたら”オーガニック”というキーワードに反応してしまいます。

(世間のトレンドもあるような気もするけど・・)

 

オーガニックブランドも、いろいろあるけど、今日注目したいのはSINN(シン)です。

ここのクレンジングがやたら良いらしい。

 

〈ピュアクレンジング〉

120g(約一ヶ月分)3150円

 

こっくりとしたジェルが、メイクと馴染んで水の様なテクスチャに変わる・・・

こう聞くと、「あー、よくあるタイプのやつだね。」となるんですが、そこはオーガニックコスメブランド!

成分が違います!!!

 

【全成分】

ヒマワリ種子油、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ソルビトール、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、バオバブ種子油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ホホバ種子油、オリーブ油、アルガニアスピノサ核油、サーファクチンNa、ペンチレングリコール

 

わかります?

全成分ってのは、含まれるのが多いモノ順に並んでいますよね?

一番最初に書かれているものは、一番多くつかわれているってこと。

このSINNピュアクレンジングに一番多く入っているのは、“ヒマワリ種子油”なんですよ!

そのほかにも、バオバブ種子油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ホホバ種子油、オリーブ油、アルガニアスピノサ核油・・・

最後に書かれているアルガニアスピノサ核油っては、かの有名なアルガンオイルです☆

 

まぁ「でも待て・・・・、それ以外のカタカナで書かれているのは、大丈夫なのか??」と思いますよね?

カタカナの長ったらしい成分って、いかにも怪しいですもんね^^;

 

と、言うわけで

一応調べてみましたー☆

  • トリエチルヘキサノイン・・・・植物油よりも酸化しにくい安定した油性成分。脂肪酸とグリセリンから作られ、安全性が高い◎
  • グリセリン・・・医薬品や食品にまで広く使われている、非常に安全な成分。ヒトの中にも“脂質”として存在しています。
  • ソルビトール・・・自然界にも多く存在する多価アルコール。食品に使われるし、化粧品であれば保湿目的によく使用されます。
  • トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・・・合成界面活性剤。と聞こえは悪いが、皮膚刺激が少なめのもの。クレンジングだし、少量ならばイタし方ナシ・・と見るべきか。
  • サーファクチンNa・・・界面活性剤、なんですが、こちらもごく少量で高い乳化安定性を得ることができる、皮膚刺激の低いもの。
  • ペンチレングリコール・・・きわめて毒性の低い保湿性も持ち合わせた防腐剤です。

以上。

 

さぁ、どうでしょう。

これを見て、「やっぱり界面活性剤が入っている!低刺激だなんて言ってるけど、私は無理!」と考える方もいらっしゃるかな?

私的には、カナリお肌に優しい成分だな・・・とは感じました。

 

こちらの製品は、95%以上が美容成分!と謳っていますので、乳化用の界面活性剤や、防腐剤は5%以下・・という読みもできます。

メイク落としのクセに、こんな成分で大丈夫か?と疑いたくもなるのですが、そこは定評があり、ばっちりメイクも皮脂汚れも落としてくれるそう。

 

お肌に優しいクレンジングをお探しの方、一度試してみてはいかがでしょうか♪(o´ω`o)

公式サイトでの購入はこちら

楽天市場での購入はこちら

コメント